家族に防災を丸投げされた高校生のお話

減災高校生

備え

今週の減災必読ニュース

投稿日:2019年6月23日 更新日:

6月18日に新潟県沖で発生した震度6強の地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。

この「必読ニュース」は僕が読んだ防災・減災に関するニュースやブログの中で「もっと知って欲しい!」と思った記事をまとめたうえで、一言添えたものです。

後、「今週」と書いてますが、5月の記事も載せてます。

被災後のお金問題、ゲームで理解

被災後のお金問題、ゲームで理解(リスク対策.com)

冒頭の「1日も早い復興を」を「あえて使いませんでした」から目から鱗でした。

焦ってしまったことや制度の煩雑さから3.11から8年経っても追い詰められてもいる人がいるという難しい現実があります。。

そうした惨状を防げないかと、「カードゲーム」で制度を学べるようにした弁護士さんを紹介している記事です。

その弁護士さんのサイトも見ましたが、

・制度をコンパクトにまとめたガイドブック

・小中学生向けの津波避難を考えるためのすごろく

等がPDFで配布されています

勿論、先述のカードゲームのPDFも含めて、以下のリンク先のサイトから配布されています。

弁護士永野海 法律と防災のページ

僕もガイドブックは印刷して手帳に挟むことにしました。

緊急地震速報、今より最大25秒早く 海底の地震計活用

緊急地震速報、今より最大25秒早く 改定の地震計活用

25秒もあれば、安全な場所への移動中に地震が来る可能性が減るので助かりますね。

キッチンからリビングや廊下までの早歩きで20秒以上もかかる豪邸に住んでる方なんて一握りでしょうし。

ちなみに僕の家のキッチンから廊下までは5秒でした。

むしろ残りの20秒の間に「誤報かな?」と思えるかもしれません。

東京マイ・タイムライン

東京マイ・タイムライン(東京都)

これは、台風などで警報・注意報が発令された時に「誰が」・「どのタイミングで」・「どのような行動」をするかを事前に書き込んでおけるA3サイズのPDFです。

立命館大学の里深教授の講座で聞いたのですが、避難の判断するための情報収集で人は、自分が逃げなくて済むと思える情報ばかりを集めてしまうそうです。

なので、優柔不断な自分でも逃げれるように作ることにしました。

完成次第、ブログで紹介する予定です。

後、地震用も欲しいです。

最後に

なお、次回のタイトルでは「今週」と書いてますが次回も「今週」を使うかは分かりません。

「○月」「第○報」「6月22日〜」等いろいろ考え中です。

なので、アイキャッチもありません。

決して、アイキャッチを作るのが面倒だったのではなく、タイトルが(仮)なので作れなかったのです。

たばこの注意書き風

この様に言い訳は目的を達成するのが困難な人間になるだけではなく、周りからの信頼にも大きな悪影響を及ぼします。

周りから勧められても決して真似してはいけません。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

-備え
-

Copyright© 減災高校生 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.