家族に防災を丸投げされた高校生のお話

減災高校生

備え

減災必読ニュース2号

投稿日:

京都アニメーション火災、並びに台風5号・6号に被災された方々にお見舞いを申し上げます。

 

マリンシューズは海の必需品‼(かも)

「裸足で海水浴」は時代遅れ?マリンシューズが必需品になった理由

海水浴=素足の自分は既に時代遅れの様です……

とはいえ、記事を読んで「必需品」だと思いました。

暑い砂(60℃になることも)から足を守れる(快適)

溺れて「浮いて待つ」時に役立つ(命に関わる)

という(命に関わる)+(快適)の2つが同時に得られるというのは楽です。

逆の立場としては「シートベルト」は(命に関わる)けど(不快)に感じてしまう物だと思います。

同じ駐車場でのスピードを伴わない移動でも警告音が「ピーピー」って鳴りますしね。

防災公園が凄い!

街の公園が災害時に大変身! トイレ、かまど等を備えた防災公園がスゴイ

普段は「楽しい公園」

災害時は「頼れる避難場所・拠点」

これぞ自分の目指す「日常と備えの両立」が形になった物かなと思いました。

ただ、このリンク先記事で紹介されている「木塲公園」の役割は

・避難場所

(地震火災の鎮火を待つ場所で、生活可能な避難所とは異なります)

・救出活動拠点

(消防・警察・自衛隊の部隊が救助活動の拠点てして使う施設)

の2つなので近くにお住いの方が、暫く住むという事は無いかと思います。

人は静かに溺れます

「子どもは静かに溺れます」医師が注意喚起

テレビやネットニュースで耳にタコが出来る程、聞かされているかもしれませんが、念の為に載せておきます。

新しいタコが出来たら、すいません。

また、リンク先の記事には書かれていませんが、お風呂の水を貯めておくことも、子供が溺れる原因になる事があるそうです。

災害への備えの観点からは、勧められていた時期もあったのは事実ですが、

・トイレなどは下水道設備に被害があると「水」があっても流せない

・流せないのに水は臭くなる

・子供の事故に繋がる

等の理由から今は推奨はされていない様です。

因みに自分の家では、水を抜くのは2日に1回ですが、これは備えではありません。

以前、姉の子供が小さかったので、毎晩抜くことを提案しましたが、経済的負担増を理由に通りませんでした。

安全に使うお金は消えるだけで、効果が実感しにくい所が難しいですよね。

自分が考えすぎなのかもしれませんが。

最後に

「減災必読ニュースn号」はシリーズとして、定期的に投稿する予定です。

「必読ニュース」を読むだけでは、災害への備えに必要な情報を網羅することは出来ませんが、自分の拙いブログに興味を持ってくださった方が、タグの「必読ニュース」をクリックするだけで、ある程度の危険回避の情報を得られる環境を作るのが目的です。

目的は後付けで、始めた理由は割と「何となく」です。

手探りで始めた初のシリーズ企画なので、変化が激しかったり、急に打ち切りになるかもしれませんが、どうか長い目で見て頂ければ思います。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

-備え
-

Copyright© 減災高校生 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.